平安女学院大学

山岡学長が、京都大学で行われた「京都観光経営トップセミナー」で講演しました。【1/15(火)】
京都観光の経営に携わる方々を対象に、京都市と京都大学の連携プロジェクト「京都観光の未来を考える担い手育成事業」の一環として、1月15日(月)に、京都大学で「京都観光経営トップセミナー」が行われ、山岡景一郎学長が講師として登壇しました。
『京都観光のポテンシャル』と題して行われた90分に及ぶ講義の中で、山岡学長は、国際観光都市である京都が国内外からの観光客をどのように誘致するべきかという課題に即して、京都の文化や伝統、都市計画法について、具体的な体験談や事例を交えながら話を進めました。
京都の16業界を束ねる京都府生活衛生営業指導センターの理事長をはじめ、数多くの経営指導の経験を持つ山岡学長の柔軟な発想と語り口に、会場からは時折笑いが巻き起こるなど、参加された皆さんは、終始興味深く耳を傾けておられました。

img