講義と歌で心がひとつに溶けあった90分! ~山岡学長の特別講義に、保育科の学生が「倍返し」のプレゼント~(7/2・水)

7月2日(水)、高槻キャンパス4106教室で保育科1年生を対象に、山岡学長による特別講義が行われました。
山岡学長の講義は、次のような要旨でした。

(1)平安女子大学の魅力
卒業後にも多くの企業から既卒の学生の引き合いが来る本学の就職率は「130%」といってもいい。国際観光学部の留学生の多くは国立大学へ進学しており、国立大進学に近道したいなら平安女学院大学へ、と言いたい。各界で、多くの卒業生が活躍中である。

(2)成功するためには
何十年の前の長崎の精道小学校で「成功は成功するまでやり続けること」と説いた私の言葉を実践し、押しも押されもしないベストセラー作家として成功を収めたのが中井俊已氏である。彼の持論である「男女別学のすすめ」の模範大学は、まさに平安女学院大学である。

(3)笑顔が大切
毎日鏡を見ながら口角をあげる練習をしよう。風邪をひかないようにしっかり予防をしよう。

(4)興味のないものも積極的に取り入れよう
それは自分のためではなく、交流を広げるためである。

(5)思い込みはいけない
インターネットなどの情報を鵜呑みにしない。

熱の入った講義のあと、学長のリードで、親子どんぶりの歌や、ゴキブリの歌、イギリス国歌、などを全員で合唱。教室は一体感に包まれました。
山岡学長の講義に対し、今度は学生たちからの「お返し」がありました。この8日に84歳の誕生日を迎える山岡学長に、学生たちが手作りした「特製マント」をプレゼント。全員の記念撮影の後、学生部代表、アグネス寮生代表、大学祭実行委員会代表より花束や記念品、色紙など盛りだくさんの品々がプレゼントされました。 

img
img