平安女学院大学

京都キャンパスの学生たちが、クリスマス会で楽しく交流
~フォートアートのお披露目や仮装コンテストなどの表彰も~(12/17・水)

イエス・キリストの降誕をお祝いし、学生会(京都キャンパス)主催のクリスマス会が食堂で開催されました。
会の冒頭、山岡学長が挨拶、次いで大岡チャプレンがクリスマスについての講話を行ったあと、全員でお祈りを捧げました。2年生と3年生の学生会役員による司会進行で行われた「チーム対抗ゲーム」では、会場が大いに盛り上がりました。恒例となった「山岡学長によるマジックショー」では、教員や学生を相手に自慢のマジックを次々と披露。会場は笑いと歓声の渦となりました。会には教職員も加わって、ビンゴゲームやピザ、スナック菓子をつまみながらの楽しい会話で、交流のひと時を楽しみました。このクリスマス会では、キャンパス内で撮った学生たちのスナップ写真を学生会のメンバーがコラージュした、ジャンボな「フォトアート」が披露されました。テーマは、おもてなしを学ぶ本学にふさわしく、「SMILE」。この「フォトアート」は食堂のボードに飾られます。また、このクリスマス会の中で、10月のハロウィンパーティーの際に行われた「仮装コンテスト」の上位3名と、今年度の「読書マラソン感想文」優秀賞受賞者3名の表彰があり、学長から賞状と副賞が贈られました。

img
img